学級委員と浮いてるあの子、女子高生の複雑な友情を描いた青春映画

「友情」とひとくちにいっても、相手のこと全部好きなわけじゃない。

ここが嫌いでここが合わなくて、時々友達やめたくなる。

でも、友達として、かっこいいなって憧れる時があるし、守ってあげたいと思ったりもする。

そういう気持ちだって嘘じゃない。

本当の友達とかよくわかんないけど、この子がいなかったら私は「私」じゃなかったんだろうな。


女の子同士の複雑な友情を、痛みと救いをもって切り取った青春映画。




Twitter

↓過去のホームページです